FC2ブログ

露出命令まとめ

露出でもらってる命令を
忘れちゃいそうなのでここにまとめていきますね。
できるものから挑戦しようと思います。

他にも命令とかあったら遠慮なくコメントください!!

この日記は常に一番上にくるようにしてます^^

スポンサーサイト
[PR]

一人のみの帰り1

お会社の飲み会が中止になってしまって、お酒は飲みたい気分だったので一人飲みした時の報告です。

一人で飲んでお店を出て、ほろ酔い気分で少し酔いをさまそうと思って、途中でお水を買ってから近くの公園で休憩しました。
公園は、そこそこ大きめので真ん中に芝生の広場があって、広場を囲むようにベンチが置いてあり、ベンチの後ろに歩道がありました。
夜中だから芝生には人がいなかったけど、歩道を歩いてる人や、ベンチにも他にも酔っぱらって休んでるような人が何人かいました。
空いてるベンチに座ってお水を飲みながらしばらくボーってしてると、近くに座って缶ビールを飲んでたおじさんがふらふらと近づいてきて話しかけられました。

「飲み会の帰り?」みたいなことを聞かれて、私もほろ酔いだったし別に嫌な雰囲気とかでもなかったので愛想よく対応したら、横に座ってきてきました。
コロナが大変だとか何気ない会話から、おじさんがさっき行ったキャバクラの話になって、だんだん会話にエッチな話題も混ざってきてました。
私もエッチな話題にはそんなに抵抗も無いのでのって対応してたら、全身を舐めるように見ながら冗談っぽく、「あんた、いいからだしてそうやね?」って言われました。
私も「そうですか?キャバクラでもそんな事いってるんでしょー」って返しながら、胸をクイって前に突き出して強調してあげると、おじさんはどんどんご機嫌になってきて、「あんたがキャバクラで働いてたら俺指名しちゃうな」って言われました。
「おっぱいも気持ちよさそうだね」って言われて、私もなんかその場のノリで「触ってみます?」って、コートの前をはだけて中に着てたゆるめのカットソーの裾を引っ張ってぴっちりさせながら、もう一回胸をクイって突き出すように強調すると、「いいと~」って本当に軽くだけど、胸を触られました。
酔いも覚めてきてて全然エッチな気分ではなかったんだけど、触られるとやっぱり身体がちょっと反応し始めちゃいます。
「若くて張りがあるいいおっぱいやね」って、軽く押すような感じでぺたぺた触られて、私も「もっと揉んでもいいですよ~」って冗談ぽく言うと、嬉しそうに揉んできました。
おじさんもなんか興奮してきてるみたいで、「あんたノリいいね!服の中に手を入れていい?」聞かれたので「いいですよ~」って答えると、本当に服の中に手を入れてきていきなりブラをずらされました。
おじさんは服の中で私の胸を揉みながら「感じとる?ねぇ今からホテルとか行かない?」って言ってきたので、「私、露出狂だから、ここでならいいですよ」て、私もあまり感じてないそぶりをしながら答えると、「じゃあ、服をめくって見せて欲しいなぁー」って言われちゃいました。
それをしちゃうと確実にスイッチが入っちゃいそうで、一瞬躊躇したけど、今更嫌って言える雰囲気でもないし、おじさんの期待してるようなエッチな視線で見つめられると逆らえません。
周りにそんなに人気は無くても、時々ベンチの後ろの歩道を通る人はいるし、離れたベンチで休憩してる人もいたりするからここで胸を出すのは結構ドキドキします。
ゆっくり服を捲って胸を露出させると、おじさんが「おっ!!」って大きな声で反応しちゃったので、すぐに服を下ろしました。
「大きな声出しちゃうと見つかっちゃうよ」って言うと、「ごめんごめん。もう一回出して」って言われて、もう一度服を捲って胸を露出させました。
「綺麗なおっぱいしてるね」ってまた揉んできて、「舐めていい?」って言われて、「いいですよ」って返事すると乳首に口を近づけてきてチュパチュパ吸い付いてきました。
私も感じてきちゃって「乳首固くなってきたね」って言われちゃいました。
乳首を吸われながらおじさんの手が太もも触ってきて、スカートの中まで入ってきます。
「ねえ。露出好きならここでスカートも脱げる?」って聞かれて、後ろの歩道からはベンチの背もたれで下半身は隠れて見えないし、コートもあるから誰か来たら隠せば大丈夫かなって思って頷くと、おじさんはニヤってして「脱がしてあげるね」ってスカートを脱がされて、「これも脱いじゃおうよ」ってコートも脱がされてました。
後ろの歩道からは近くを通ると露出した胸が確実に見えちゃうような状態で、周りにベンチからも下も脱いじゃってるのが分かっちゃうような状況に、ものすごく恥ずかしくてドキドキするけど、私もなんだか興奮してきちゃってました。
おじさんにパンツの上からおまんこ触られると身体がビクってして感じてしまいます。

「感じちゃったの?これも脱いじゃおっか」ってパンツに手をかけられると、脱ぎやすいように自然と腰をうかしちゃってました。
おじさんは私の前に移動して屈むと、パンツを脱がされて足をベンチに乗せてM字に大きく開かされました。
「まんこも綺麗だね」って触ってきて、指が入ってくるとすぐに濡れてきちゃいました。
暗くて遠いから分からないけど、広場の向こうのベンチの人達が見てるような気がもして、どんどん感じてしまいます。
クチュクチュと弄られながら「気持ちよさそうなまんこやね。ちんこ入れたいな」って言われて、私も我慢出来なくなってきてて、頷きながら「入れてください」って自分の手でおまんこ左右に開いてました。
どこかに移動しようかって言われて頷くと、ニヤニヤしながら「この格好でいく?」って聞かれたけど、確実に見つかっちゃうのでコートだけ着させてもらいました。
ベンチから立つと、お酒臭いのは分かってたけどおじさんは結構酔っぱらってるみたいで足下がふらついてました。
肩を貸しながら近くのトイレに向かう途中でも、ご機嫌で「今からセックス〜」とか「可愛いね。おっぱい揉んじゃお」ってコートの中に手を入れてきたりしました。
歩道に出ると人ともすれ違って、おじさんを支えててコートの前を押さえられなかったし、手を入れてきたりもされたので、上はニットで隠れてたけど下半身は見られちゃっいました。
近くの多目的トイレに入ると、おじさんを便器に座らせました。
全裸になってよく見せてって言われたので、おじさんの前に立って着てる物を全部脱ぎました。
おじさんのズボンも脱がすように言われて、ズボンとパンツを脱がすと、おちんちんは大きくなってました。
おじさんと向き合う格好で跨がっておまんこにおちんちんを押し当てながらゆっくり腰を下ろしていくと、ヌチュっておちんちんが入ってきます。
おじさんも気持ちよさそうな顔で「ううっ」って声出してて、奥まで入ると、その瞬間にいってしまいました。
私はこれからって感じだったので、気持ちよくなりたくて腰を動かしたりしたけど、おちんちんは私の中でどんどん小さくなっていってダメでした。
おじさんは「ごめぇーん」ってボーってしてて、仕方ないからおちんちんを抜くと、「舐めて綺麗にしてよぉ〜」って言ってきました。
私もこんな状態じゃ身体が治まらないし、舐めたら復活するかもって思ったので、おじさんの前にしゃがんでペロペロ舐めてあげました。
しばらく舐めてても全く復活しなくて、おじさんの方を見上げたら、完全に寝ちゃってました。
身体を揺すったけど起きそうな雰囲気でも無いし、どうしていいのかも分からなくて、脱がせたおじさんのズボンを下半身に掛けて上げて、私はコートだけ着てトイレから出ました。
トイレから出ると、歩道を歩いてたりする近くの人影に「さっきのベンチでの露出で私に気づいてついてきてるんだ」って想像してしまいます。
私もこんな状態だし、ちょっと声かけられるのも期待しながら、少し公園内をぶらぶらしてみることにしました。

パソコン修理のおじさんと3

一旦落ち着くと、ローター以外に何か持ってるか聞かれたので、バイブとローションを渡しました。
床に正座させられ、胸の谷間にローションを垂らされると、自分で胸を揉みながらいやらしく広げるように命令されました。
ローションを塗り終わると、「すごいエロいぞ」って、床に押し倒されて、上に跨がってきました。
胸の間におちんちんを置かれて、おちんちんが気持ちよくなるように胸を持ってちゃんと挟むようにさせられ、先っぽをペロペロ舐めさせられました。
おちんちんがだんだん復活してくると、おまんこが上に向くような格好にさせられて、ローションを中にいっぱい注入されました。
ローションの後にバイブを押し込まれると、ローションと中出しされた精液がブチュってあふれ出てきて、おじさんは「すげー・・・」って呟きながら、バイブを激しく動かしてきました。
グチュグチュと凄い音がして恥ずかしかったけど、私もまた感じ始めてきてしまいます。
「こっちも欲しいだろ」って、容器の先をお尻の穴に突っ込まれると、容器を押しつぶすようにしながら勢いよく大量のローションがお尻の中に入ってきました。
どんどん奥まで流れ込んでくるような感触に、お腹がグルグル鳴って気持ち悪くなってきて、「もう止めて・・・出ちゃう・・・」ってお願いしたけど無視でした。
容器を抜かれるとおちんちんをお尻の穴に押し当ててきて、一気に奥まで入れられました。
お尻の中で激しく動かされると、全身の力が抜けていってどんどん感じてしまいます。
おまんこのバイブも激しく動かされると、中でお尻のおちんちんとゴリゴリ当たるような感触もしました。
おじさんもかなり興奮状態で、バイブを抜かれて「こっちの方がエロくていいだろ?」って、またドライバーの持つ方を何本も入れられました。
ガチャガチャとかき回されて、「感じるか?気持ちいいか?」って聞かれて、私ももうアヘアヘで感じまくりながら「気持ちいいです」って何度も言ってました。
グイっておちんちんを奥まで突っ込まれて、お尻の中でビクってなっておじさんがイクのが分かりました。
私はなんだかボーってしちゃってて、気持ちいいけど一緒にはいけなかったと思います。
おちんちんを抜かれると、プっておならが出て、あっ・・・ダメ・・・て思ったけど、力が入らなくて、お尻やおまんこや全部の穴からいろんなものが流れ出るような感触がしました。
いろんな臭いもしてきて、恥ずかしくて涙も出てきたけど、その感触はものすごく気持ちよくて、身体をピクピクさせながらイちゃいました。

身体の中の物を出し切って床の上でぐったりして動けないでいると、おじさんも落ち着いて優しい感じに戻ってて、「ごめんね。凄いことさせちゃったね」頭を撫でられて、2人でシャワー浴びようよって身体を支えられながらバスルームに連れていってもらいました。
全身をシャワーで流されて、ボディシャンプーを塗られながら、いやらしく身体中を触られてるとだんだん感覚が戻ってきました。
おまんことお尻を洗われながら指が入ってくると、「あん・・・」って、また感じてしまいます。
「また感じてるの?いやらしいね。アナルで初めてしたけど気持ちよかったよ」って壁に手をついてお尻を突き出すような格好でお尻の穴を広げられながらシャワーを当てられました。
水が奥まで入ってきて、色がついたようなドロってしたローションがまだ流れ出てきます。
指を何本か入れられて引っかけて上に持ち上げるようにされながら、「アナル開きっぱなしになっちゃってるよ」って言われました。
次におまんこにも指を入れられて、シャワーと同時に責められながらまたイカされてしまいました。
「またイっちゃった?可愛いね」って優しくキスされ、私の泡まみれの身体を使って、おじさんの身体も洗ってってお願いされました。
おじさんに抱きつきながら身体を押しつけて全身を洗ってあげて、最後におちんちんもペロペロ舐めながら綺麗にしてあげました。
いろんなことありすぎて、私もなんだか麻痺しちゃってて、最後は狭いバスタブで二人で抱き合うようにお湯につかりながら、恋人みたくキスとかしてました。
お風呂から出ると、ローションと体液まみれの床を掃除してくれて、パソコンもあっさり修理してくれました。
ちなみに中の画像とか動画は見られることはなかったです。
おじさんが訪ねてきてから既に3~4時間たってて、おじさんもびっくりしてました。
次の用事があって急いで帰らないといけないみたいで「パソコンの調子が悪かったら無料でみてあげるから、次はここに連絡してね。いろんな事もしてあげるよ」って、携帯の番号を渡されました。

おじさんが帰っていった後は、部屋も綺麗に戻ってるし、お風呂にもはいって、なんだかボーッとして夢の中の出来事みたいな変か感覚で、ソファーにぐったりしながらそのまま気を失うように寝ちゃってました。

パソコン修理のおじさんと2


全裸でおじさんの前に立たされると、「男好きする身体しやがって」って、全身をいやらしく舐めるように観察されました。
恥ずかしくて手で隠しちゃうと、「隠すな」って強く言われて、自分でおまんこを開いて奥まで見せるように命令されました。
おじさんの口調も訪ねて来たときとは別人みたく荒くなっててちょっと怖かったです。
こんな状況になって抵抗も出来ないし、素直に腰をつきだすようにしながら両手でおまんこをいっぱい開いて奥まで見えるようにしました。
「おまんこ見てください・・・」って言わされた後にペンライトを渡されて、自分でおまんこの中を照らすように言われました。
屈辱的な格好で凄く恥ずかしかったけど、自分でおまんこの中を照らしてると、お腹の下がジンジンと反応してしまいます。
次に「四つん這いになってケツの穴まで全部見せろ」って命令されて、床に頭をつけてお尻をおじさんの方に突き出しながら、自分でお尻を持って左右に開いてお尻の穴までよく見えるようにしました。
「凄い濡れてるな?感じてるのか?触って欲しいか?」って聞かれて、「ウン」って頷くと「ウンじゃないだろ?ハイって言えよ」ってお尻を叩かれて「ハイ・・・触ってください」答えさせられました。
指がヌチュっておまんこに入ってくると、そのままどんどん奥まで入ってきて、クチュクチュかき回してきます。
部屋の中だったので普通に喘いじゃって、「そんなに声出したら外に聞こえるぞ」って、さらに激しくかき回されてイかされちゃいまいた。
力が抜けて身体が崩れ落ちそうになったけど、おじさんに支えられて「まだだぞ、こっちも欲しいだろ」って、お尻の穴も触ってきました。
解すようにいじられた後に、工具箱から大きなドライバーを出してきて、手に持つ方をお尻の穴に押し当ててきて、じわじわと奥まで入れられました。
ゴツゴツして少し痛かったけど、おじさんは「すごいな」って言いながら、おまんこにも同じようにしてドライバーを入れてきました。
初めに1本入れられて、「まだ入るよな」って2本目が入ってきます。
結構いっぱいいっぱいだったけど、グリグリと広げられて3本目も入っちゃいました。
ドライバーを3本掴んで動かされると、おまんこの中でゴリゴリした感触がして気持ちよくは無かったけど、お尻のドライバーも動かされて無茶苦茶にされてる状況に私もやっぱり興奮しちゃいました。
全部のドライバーを一気に抜かれると、全身の力が抜けちゃって床に崩れ落ちてしまいます。
床の上で仰向けにさせられて、乳首を引っ張られたり胸を乱暴に揉んできて、おじさんはズボンを下ろしながら大きくなってるおちんちんをおまんこに押し当ててきました。
「入れるからな。いいよな」って聞かれて「はい・・・入れてください」って答えると、正常位でおちんちんが奥まで一気に入ってきました。
思わず「あん・・・」って声が漏れちゃって「感じてるのか?気持ちいいか?」って聞かれて、「はい」って答えました。
おじさんの動きもどんどん激しくなってきて、「どこが気持ちいいか言えよ」って言われて、「おまんこ気持ちいいです」って言わされました。
キスしてきて、唾を口の中に垂らされて、飲み込むように命令もされました。

すぐ近くに姿見の鏡が置いてあったので、鏡に向かって四つん這いにされてバックの体勢で攻められました。
目の前にいやらしく感じてる自分の顔が映ってて、恥ずかしくて下を向くと、後ろから髪を掴まれて引っ張られ、「ちゃんと見ろよ」って顔を上げさせられました。
いっぱい辱められて、私もだんだん感覚が麻痺してきます。
感じてる姿を見ながら、恥ずかしさを通り越して「もっと無茶苦茶にしてください・・・」って、いっぱい感じてしまいました。
腰を掴んでるおしさんの手に力が入ってイキそうな雰囲気がしたときも、「中に出して・・・中にいっぱい出してください・・・」ってお願いしてました。
おじさんもおちんちんを一番深くまで押し込んできて「このまま出すからな」って、かなり嬉しそうに興奮してて、私も気持ちよすぎて止められなくて「奧に出してください」って何度もお願いしちゃいました。
奧でおちんちんがビクって痙攣すると、熱い精液がおまんこや子宮の奧まで広がるような感触がして、私も全身をピクピクさせながらイっちゃいました。

パソコン修理のおじさんと1

パソコン修理の時の報告です。

パソコン修理は自分で出来そうも無かったので、ネットで調べた街のパソコン修理屋さんみたいなところに電話したら、最短で今日の夜に来てくれるって言われたのでそれでお願いしました。
引っ越してきて今の家にちゃんと男性を入れるのはたぶん初めてで、前に電気屋さんや引っ越し屋さんに作業中に露出してエッチまでしたのを思い出して、なんだか一人でドキドキしてきちゃいました。
いろいろ妄想しはじめると、どんどんエッチな気分になってきちゃって、また作業中にこっそり露出やオナニーしたくなって我慢できなくなってきてしまいます。
はじめは露出とかするつもりなかったけど、気が向いたら出来るように準備だけしとこうかなって思って、本来は下にタンクトップとか着てその上から着る大きな編み目になってるニットを出してきて、直接それだけ着てみました。
乳首とか編み目の隙間から完全に見えちゃってて、これはやっぱりやり過ぎかと思ったけど、これで対応したらって想像したらドキドキします。
ニットを着たらすぐにマンションの下の呼び鈴がなって、修理屋さんが来ちゃいました。
マンションの玄関を開けて、修理屋さんが上まで上がってくる間に、パソコンとか準備しながらばたばたして鏡でもう一度今の格好を確認したら、やっぱり急に恥ずかしくなったので上に1枚部屋着を羽織りました。
ただ前を止めなかったので、胸の谷間は編み目の隙間から見えちゃってます。
下はミニスカートにノーパンで、本当はTバックとかパンツをはいてからスタートしようと思ったけど、間に合いませんでした。
玄関の呼び鈴がなって扉を開けたら、修理屋さんは30~40代くらいのおじさんで、もちろん全然タイプじゃないし、どことなくむっつりといやらしそうな感じがしました。
作り笑いもちょっと変な感じで、こんな人にやられちゃうかもって想像すると、嫌でもお腹の下がジンジン反応しちゃいます。

部屋に上がってもらって、はじめはテーブルの上にパソコンを置いて横並びで座りながら、故障の症状とか説明しました。
既にチラチラ胸元や太ももに視線を感じて、説明が終わると、症状を確認して修理には1時間くらいかかりそうだから普通に生活してていいですよって言われました。
普通にって言われてもどうしていいか分からないので、私はテーブルの横のソファーに移動して、おじさんを意識しながらスマホを弄ってました。
スマホを弄りながら背伸びしたり身体を動かすと、やっぱりチラチラおじさんの視線を感じます。
だんだん無言なのが耐えられなくなってきて、おじさんの方に身体を向けて何でもない会話をしてると、何もはいてないスカートの中まで見えちゃいそうでドキドキでした。
普通に会話も楽しく続いて慣れてきて、少しずつ露出を楽しんでると、上に羽織った部屋着もやっぱり脱ぎたくなってきちゃいました。
途中でお茶をだしたタイミングで、なるべく自然を装いながら上着を脱いで、編み編みニットだけの格好になりました。
おじさんは編み目の隙間から乳首が見えてるのにすぐ気づいたみたいで、一瞬固まってガン見してたけど、私は気にしない振りをしてお茶を出してソファーに戻りました。
乳首に気づいたおじさんの表情を思い出しながら、ソファーでこっそりスカートの中に手を入れておまんこを触ると、すぐにクチュって濡れてきます。
今の状況に凄く興奮してきて、ダメって思ってるのに指がどんどん止まらなくなって来ちゃいました。
その間にも何気ない会話は続いてたけど、私の声はちょっとエッチな感じになってたかもです。
どんどんやばくなって来たので、用事があるふりをして一旦寝室の方に移動しました。
扉を閉めると変に思われるかもって思ったので扉は開けたままです。
おじさんからは部屋の中や私は見えないので、スカートを捲っておまんこを触るとすぐにいっぱい濡れてきて、喘ぎ声が出ないように注意しながら指を入れるとあっという間にイキそうになりました。
なんとかイクのを我慢して、おまんこにローターを入れてスイッチを手で隠しながらソファーに戻ると、おじさんはかなり私の事を気にしてるみたいで、「顔赤いですけど大丈夫ですか?体調悪かったら寝室で寝られててもいいですよ。」って言われちゃいました。

「大丈夫です。ありがとうございます。」って返事して、おじさんにバレないようにローターのスイッチを入れていくと、おまんこの奧が振動して、どんどん感じちゃうし、だんだんおじさんとの会話も出来なくなってきちゃいました。
かなり見られてるのは分かってたけど、もう我慢できなくなってきて、途中で止められなくなってきてしまいます。
ダメ・・・ばれちゃう・・・って思ってるのに、中で振動してるローターを感じながら指をクチュって入れてしまうと、体がビクビク反応しちゃいました。
ソファーに深く沈み込むような格好で足もだらしなく開いていって、スカートも完全に捲れちゃって下半身が露出した状態になってます。
おじさんの方を見るっと完全に目が合って恥ずかしかったけど、それでも止まらなくて、そのまま身体を反らせながらイっちゃいました。
ソファーでぐったりしてると、おじさんは無言で隣に座ってきて、太ももを嫌らしく触ってきました。
私が何も抵抗しないでいると、その手がどんどん上に上がってきて、おまんこをクチュって刺激されて、思わず「あん・・・」って喘ぎ声が漏れちゃいます。
耳元で「いやらしいね。欲求不満か?」って言われて、ローターを抜かれて、おまんこの奥まで指を入れてきました。
「こんなの着やがって」ってニットの上から胸もいやらしく揉まれて、「おっぱいも見せろよ」って、着てる物を全部脱がされちゃいました。
プロフィール

めぐりん

Author:めぐりん
誰かに見つかっちゃうかもって思うと、はずかしいのにドキドキして興奮しちゃう、めぐりんのこっそり露出日記です。

エッチな感想や露出命令もまってますね!!
よろしく^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR